« 生きている実感・・・ | Main | 二度と戻らない・・・ »

2013.06.14

復興庁幹部暴言ツイートについて

総務省キャリアの復興庁参事官が市民団体の会合に出席したときの事を「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席。感じるのは、相手の知性の欠如に対する哀れみのみ」とツイートしたという・・・。
驚くと同時にがっかりさせられた。
率直な感想を言うと、同氏の言葉を借りて言うと、人間性と見識の欠如に対する哀れみを感じてしまった。

ツイッターは何でも書けるが、不満のはけ口や誹謗中傷の場としてしまうのは何とも情けない。
言っていいこと・悪い事、言うべき事と、言ってはならぬ事の分別はわきまえなければならないと思うのだ。
それに文章は人柄が出る。内容は考えた方がいいと思う。

同氏をかばうつもりは全く無いが、同氏の千葉県船橋市副市長時代を市幹部が「手堅い仕事ぶりだった」と振り返るという記事や、国家公務員に戻って1週間目。快活だった船橋時代のツイートが荒れていく経過の記事もあり、それらを読むと同氏の他にも改めるべき点があるようにも思える・・・。

以上、報道で知る限りにおいての感想でした。

|

« 生きている実感・・・ | Main | 二度と戻らない・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 復興庁幹部暴言ツイートについて:

« 生きている実感・・・ | Main | 二度と戻らない・・・ »