« 何が | Main | 生きている実感・・・ »

2013.05.14

報道と政治家の発言について 私見

今日、あるテレビ番組の中で橋○氏が従軍慰安婦について「特殊な状況下では必要であった・・・」というような発言したことを報道していた。政治家として誠に不見識な発言だと思う。
また、沖縄視察の際、米軍司令官に「風俗店をもっと使ってほしい・・・」旨の発言もしたという。言われた方もさぞ困惑しただろう・・・

その橋○氏の発言を聴いていて
あらら! 後でどういう言い訳をするのかな・・・それともしないのか
と 思った

報道する側にも、それなりの意志があり、断片だけとらえて真意を操作することだって出来るので、幾つかを見比べないとその内容が見えて来ない。
だから、ここで大上段に語ることはしない。
自分が知る範囲内での感想だ。


話は変わるが
よく 「あれは失言でした」と弁解する政治家がいるが、
自分の言動に最も責任を持たなければいけない職業についているのは承知の上なのだから、もし、そうだとしたらその時点で政治家としての適性はアウトだ。信頼できない。

その場に迎合して、口当たりのいい事を言ったとしたら、
その人は、おそらく自分の政治哲学を持っていないのだろう。そんな人に任せたら未来が危ない。

慢じて、つい本音が出てしまった・・・という事もある。
人として正しい道ならそれでよいが、そうでない場合は将来権力を持った時の事を考えると恐ろしいし、普段の言動と不一致なら、騙されていたことになる。

いずれにしても、この大きなしくみの世の中で生きて行く上で、すべてに自分が拘わる事はできない。だから、ある面ではプロにお願いすることになる。その中で、未来に繋がる重要なものが政治だ。

つくづく 選挙の時は心して選ばなくてはならないと思うのだ。

|

« 何が | Main | 生きている実感・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 報道と政治家の発言について 私見:

« 何が | Main | 生きている実感・・・ »