« ある日の午後 | Main | 辞令は突然に »

2011.04.03

東日本大震災に思う

震災についてはその被害の大きさを知るにつけ、被災された方々になんと言っていいのか
言葉を選んでしまい、なかなか書けません。
被災地に救援物資を届けた方の話を友人から伝え聞きました。
「まるで地獄絵図を見るようで想像を絶するものであった」との事でした。
寒くありませんか。食事はとれてますか。眠れていますか。お体は大丈夫ですか。

センバツの選手宣誓にはとても胸を打たれました。
その中で「生かされている命に感謝・・」という言葉がありました。
どうぞ、生かされている命を大切にしてください。
そして、またあの麗しいふるさとへ蘇生することを心から願ってやみません。

|

« ある日の午後 | Main | 辞令は突然に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82506/51287808

Listed below are links to weblogs that reference 東日本大震災に思う:

« ある日の午後 | Main | 辞令は突然に »