« こころの扉 | Main | 東日本大震災に思う »

2011.02.18

ある日の午後

このあいだ、会社のおエライ人から、「今朝、ここで君と会ったよね!」と問いかけられた。
社内では結構いろんな人とすれ違うので、突然そう聞かれてもつぶさには返事ができなかった。
執拗に質問を繰り返すので「?・・」だったが、どうやら私が挨拶を返さなかったことを咎めているらしいことに気づく。
「気がつきませんでした。申し訳ありませんでした」と謝ったけど、「確かに会った。こっちを見ていた・・・」と怪訝そうな風だった。
私は、その方に良くも悪くも特別の感情はないし、仮に嫌だと思っている人に故意に挨拶をしないなんて偏屈な心は持ち合わせていない。
朝が忙しい部署にいるので、仕事に気をとられて気がつかなかったのだろうと思う。
原因は挨拶をかえさなかった自分にあるが、少し不愉快な気持ちになった。
私は、挨拶を返されない時があっても、次に会ったときに挨拶を掛けて返してくれたらそれで良しと思っているが大様だろうか?・・・
実際、その方に挨拶して返されなかった事があったが私はそのようにしてきた。

|

« こころの扉 | Main | 東日本大震災に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ある日の午後:

« こころの扉 | Main | 東日本大震災に思う »