« 母の日 | Main | 夜明けのコンビニにて  »

2007.12.16

幸せの種は人の庭に蒔いてこそ花開く

アグネス・チャンがコンサートでこんなことを言っていた。
「みんな、人は生まれながらにして幸せの種を持っている」
「でも、その種は自分の庭では咲かない」
「人の庭に蒔いてこそ花開く」
この言葉は人の取るべき道を端的に言い表していると思い、心に留めた。
彼女は、日本ユニセフ協会大使として世界をまわっていて、その中で恵まれない環境の中にいる子供たちとせ接っしているなかで「平和でなければ子供たちを守れない」と痛感したようだ。
大きな目標を持った人の言葉にはその生き様が見えて、とても説得力があり納得させられる。
そして、勇気や希望を与えてくれる。
むかしアイドル今おばちゃんと思っていたがいっぺんにファンになった。
近年、鑑賞したコンサートで一番感銘を受けた。

彼女のホームページの日記には当日のことがこう書かれていた。
「お陰様で、今日、「民音文化賞」を受賞しました。授賞式で、「そこには幸せがもう生まれているから」と「Peaceful World]を唄いました。」感激で、声が震え、本当に嬉しかったです。会場は涙、涙。平和への熱望が広がりました。「いつか、PeacefulWorld」とみんなで手で大きな輪をつくりました。勇気千倍です。頑張ります。賞に恥じないように、これからも歌で平和を実践していきたいと思います。本当にありがとうございました。
今日は□□市でコンサートでした。賞を頂いて、気持ちを新たに、とっても気持ちよく歌えました。たくさんの声援、本当にありがとう。皆と握手していたとき、「お大事に」と体のことを心配してくれた方が多かった。ありがとう。もう元気です。」
中略
「歌は心。歌は声、歌は魂。歌は愛です。明日もコンサートなので、頑張ります。
昨日と今日が長い1日に感じます。寝ないとね。
それでは、
おやすみなさい。
幸せな1日でした。感謝です。
アグネス」

|

« 母の日 | Main | 夜明けのコンビニにて  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸せの種は人の庭に蒔いてこそ花開く:

« 母の日 | Main | 夜明けのコンビニにて  »