« 言葉を創った人~言葉がその人を形成する! | Main | 誤解? »

2006.05.27

星を見ている自分~星に見られている自分

今日の新聞のコラムにこんな話が載っていた。
「野原に寝転がって、夜空の星を見ていると、初めのうちは、自分が星を見ていると思っているが、そのうちに、星のほうが自分を見ている、自分は見られているのだ、と感じることがあるはずである――天文学者の小平桂一氏の言葉である(河合隼雄著『ココロのとまり木』)
ハワイの山頂に大天文台を建設し、宇宙の探求に数々の成果をあげている氏。その最高の科学者にして「おおいなるものにみられている」と真摯に語る。こうした精神性を失う時、人は傲慢になり、謙虚さを失う・・・・」(抜粋) 

全くそのとおりと思う。高原に旅の宿をとって夜空を見あけたとき、視界いっぱいに大きく輝く星に圧倒された。首が痛くなるまで星空を見上げているうちに、たしかにそんなキモチになった。夜空だけじゃない、青く透き通った空に高く流れ行く雲を見てるときもそうだった。大宇宙の生命の中にいる自分を見るとき、謙虚にならざるを得ない。それなのに、そういうことをいつしか忘れてしまう。だから、空を見上げ、星を見る、月を見る、雲を見る。そして、海を見る、山を見る。そういう時間を大切にしていこうとオモウ。

|

« 言葉を創った人~言葉がその人を形成する! | Main | 誤解? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 星を見ている自分~星に見られている自分:

« 言葉を創った人~言葉がその人を形成する! | Main | 誤解? »